ブロリコ

*

ブロリコ世界初の新健康成分

ブロリコ」とは、東京大学と5年間の共同研究によりブロッコリーから発見された世界初の自然免疫活性成分です。
採れて3日以内の新鮮な国産ブロッコリーのみを使用し、富士山の雪融け水を使った国際特許技術によるブロリコ成分の抽出に成功。臨床実験では哺乳類の代わりにカイコを実験動物に使い研究開発されてています。

結果的には、免疫活性はメカブフコイダンの約60倍、酵母由来のβ-グルカンの約50倍、プロポリスの1000倍以上といわれ、三菱東京UFJ銀行より「先端医療・医薬品・医療機器」部門にて最優秀賞を受賞している将来性の高い医療成分と言ってもいいでしょう。
加齢による免疫力低下による生活習慣病や、がんの代替治療として【ブロリコ】にご興味のある方は、詳しくわかる資料を無料で請求できます。

ブロリコ資料請求

免疫力って何!?

私達の体を見えないパワーで守ってくれる「免疫力」について知っておきましょう。

そもそも「免疫力:ってなに?
体に害を与える細菌やウィルスなどの侵入を防ぐ働きのことです。

清潔そうに見える生活も、ミクロの目でみると、細菌やウィルス、バクテリアなど、私たちを病気にする外敵がうようよいます。でも、私たちは、そう簡単には病気になりません。

これは、皮膚が外的の侵入をガードする関門になっているため、そして、白血球の一種である免疫細胞が、細菌やウィルスの侵入を防いだり、攻撃して、病気になるのを防いでいるからです。「免疫」とは、外敵から体を守る、こうした体に備わった一連の働きのことをいいます。

免疫力はどこでつくられる?
免疫細胞は、おもに精髄でつくられる

免疫力が働く場所は、おもに皮膚や粘膜、腸、血管やリンパ節の3つ。そして、これらの場所で細菌やウィルスをやっつける兵隊として働くのが、白血球です。白血球は、大腿骨や上腕骨などの中心部にあり、血液のもとになる造血細胞がたくさん詰まった「骨髄」という組織から誕生します。

白血球の一種である免疫細胞には、「顆粒球」と「リンパ球」があります。顆粒球は、外敵の侵入を見張るために体内を常にパトロールしています。リンパ球は、胸腺に移動したり、体内を流れながら、腸や血管、リンパ節で待機しています。そして、パトロール隊の顆粒球が外的に負けそうになると、緊急出動しし、体を病気から守る精鋭部隊なのです。リンパ球は、いちど侵入した外的を記憶するB細胞や、細菌やウィルスに侵された細胞を抹殺するT細胞に変化して、外敵に対向する特徴があります。

免疫力の強弱に何が影響するのか?
年齢や食生活、ストレス、生活習慣が大きく影響します。

免疫の働きを左右するいちばんの要因は、年齢です。私たちの体はたくさんの細胞からつくられていますが、長年の酷使で体の中には傷ついた細胞が増加します。その結果、20歳前をピークにして、免疫力は徐々に低下し、45歳ごろになると、ピーク時の3分の1くらいになってしまうのです。

それを補うために免疫力アップのヨーグルトや納豆、ブロッコリー、まいたけなどの食材を摂取するということはおすすめです。最近では、ブロリコという世界初の免疫活性成分が東大と民間会社の共同研究で開発され注目を集めています。このブロリコについての詳しい説明書を無料で配布しているので、こちらから、お取寄せできます。

加齢だけによって、誰もが同じように免疫力が低下するわけではありません。細胞が傷つきやすいかどうかには、、毎日の生活大きく影響します。栄養の偏った食生活や過度のストレス、睡眠や運動の不足などが慢性化していると、そうでない人に比べ、細胞が傷つきやすくなります。そうなると、骨髄のj造血作用や白血球の働きも衰えて、免疫力が低下してしまうのです。